【千種区】こどもプラス日岡教室・覚王山教室さんインタビュー

こんにちは。インタビュアーの城&フウ君 です。

今回は千種区にある「こどもプラス日岡教室・覚王山教室」さんに行ってきました。

運動指導員・パーソナルトレーナー 須子 武志さん にお話を伺いました。

 

 

―こどもプラス日岡教室・覚王山教室さんが開所に至った経緯を教えてください。

社長が社会や福祉に貢献したい、
障がいのある子どもたちが住みよい社会になるようにしたい
という想いから始まりました。

 

日岡教室は男の子が多く、
覚王山教室は女の子・未就学児さんが多く利用されています。

 

 

―こどもプラス日岡教室・覚王山教室さんの特徴は何ですか?

運動療育をメインにしていて、運動を通して
体を動かす事はもちろんですが、順番を守る、
話を注意して聞く等も伝えています。

 

社会に出て生きやすくする為に必要なスキルを
身に付ける事を目的としています。

 

初めは教室内のルールが分からないお子さんにも、
まわりのお子さんの声掛け等の協力もあり、段々と馴染んでいきます。

 

出来る事はどんどんチャレンジし、
苦手な事は出来る範囲で行い、自己肯定感を大切にしています。

 

―子ども同士での声掛けでトラブルになる事はありませんか?

良い面・悪い面、様々で、衝突する事もあります。

その時に、「言葉遣いが良くなかったね。こういう言い方しようね。」

と教える事が出来るので、コミュニケーションを
学んでいく大切な機会になります。

 

併せて、相手に思っている事を伝えるいい場所にもなりますね。

 

 

―現職に就かれたきっかけを教えていただけますか?

フィットネスのトレーナーをしてたり、
子どものクラスのプログラムを組んだり、
大学の先生と協力して子どもの運動能力・姿勢などの
研究をしていた事がありました。

 

その中で子どもの発達の事に関する情報も聞こえてくる様になり、
困っているお子さんに直接貢献したいとの思いから、
フィットネスから療育の道に進みました。

 

―実際に指導された感想を教えて下さい。

こちらでの運動は、学校の体育とも体操スクールとも違います。

「運動遊び」と呼んでますが、昔の子どもたちが走り回ったり、
木登りしたりしていた動きに近い事を跳び箱・鉄棒などを
使ってたくさん行っています。

 

体操スクールは「技」を教えていく場所ですが、
こちらでは運動能力の基礎を楽しみながら伝えます。

 

そして出来る様になる姿を見るのは運動療育の醍醐味ですね。

 

 

―印象的なエピソードはありますか?

体幹機能障害のお子さんみえて、
初めはジャンプする事ももちろん出来ませんでした。

 

その子が、みんなで大縄跳びをしたいとチャレンジし、
段々、飛べる回数が増えていきました。

 

ある時、学校で大縄跳びの機会があり、
無理だろうと思ってみえた先生がふらつきながらも頑張って飛ぶ姿に
とても感動したという事がありました。

 

他にも、普段、四つん這いで移動しているお子さんですが、
ドッヂボールが大好きで上手に避けて楽しんでいます。

 

大人が出来ないとハードルを作っているだけで、
お子さんのチャレンジする気持ちや姿には心を打たれます。

 

 

―親御さんへのメッセージをお願いします。

うちの子は運動嫌いだから、苦手だからと
思ってみえる方に是非、来て頂きたいと思います。

 

運動嫌いなお子さんはいません。

 

ただ、出来ない事をやらされる事で嫌いになってしまいます。

 

「運動遊び」を通じて、体を動かす事の楽しさ・
運動機能の未発達の改善・規律の指導など
いろいろな方面の成長のお手伝いができたらと思っています。

 

 

▼こどもプラス日岡教室さんの施設情報はこちらをチェック!▼

 

▼こどもプラス覚王山教室さんの施設情報はこちらをチェック!▼

Follow me!